しあわせ信州

2人で考える2人のライフプラン

「これから、どのような人生を送りたいか」を考える

2人のライフプランとは?

結婚、子育て、仕事、居住、老後の暮らしなど、
これからを考えて、いつ頃したいのか、どのようなことが必要か、暮らしを思い描いてみましょう。

「仕事でのキャリアアップを目指したい」
「いつか結婚をして、そのうち子どもを産んで、賑やかな家庭を作りたい」
「趣味の時間を充実させたい」

様々な選択の可能性がある中で、「子どもを持ちたい」という選択をした場合に…

20代半ばであれば、学校を卒業して、仕事に就き、様々なスキルを磨いている時期かと思います。
仕事が充実し始める時期と、妊娠・出産の適齢期(20~30代前半)は重なることが多くあります。
5年後、10年後、20年後…子育てを含んだ具体的なライフプランを考えてみましょう。

妊娠は女性がするものですが、妊活は男性女性がともにするものです。
2人のペースで、2人の将来について考えてみましょう。

  • いつ頃がいい?
  • 働き方は?
  • 自然に授からなかったら治療する?
  • 2人目以降は?
  • 何人ほしい?
  • 仕事はどうする?
  • お金のことは?
  • 妊娠が難しかった場合は?
  • 「今」じゃないときには?
自分のこと、パートナーとのこと

ライフプランを考えるヒント

  1. これからの自分の送りたい人生について考えてみる 就職や仕事のこと、結婚や子育てのこと、自分の送りたい人生や、やっておきたいことなど思いつく限り挙げてみましょう。
  2. パートナーと話をしてみる 今準備できることは何かを整理してみる パートナーがいれば、パートナーのライフプランも共有しておきましょう。
    お互いのやりたいことや大切にしたいこと、それを実現するために必要なことはどんなことかを整理してみましょう。
  3. 年齢を軸にして、ライフプランを具体的に考えてみる 叶えたい希望に、それを何歳でやりたいのか具体的に記してみましょう。
    車や住居、子どもの教育費用など、お金が関係するイベントも考えて記載できるとより具体的なプランとなります。
  4. ライフプランの実現のために プランはあくまでプランです。計画どおりにいくこともあれば、いかないこともあるかもしれません。車を買いたいからお金を貯める、といった準備と同様、子どもを持ちたいから健康に気を遣う、といった準備も必要です。
    自分とパートナーのために、自分たちに合ったライフプランを見つけてみましょう。
    ・ライフプラン記入用紙はこちらからダウンロードできます→(ピンクグリーン

妊活Q&A

不妊・不育治療に関する疑問にお答えします

悩まず相談しよう

不妊・不育症に悩む夫婦は増加傾向にあります。不妊・不育症に関する悩みをお持ちの方は、1人で悩まないでご相談ください。

長野県不妊・不育専門相談センター
0263-35-1012 毎週火・木曜日 午前10時~午後4時、および毎月第3土曜日 午後1時~午後4時