しあわせ信州

体験談

体験談

  • 伝えたい言葉は、「自分を責めないで」

    31歳で結婚し、34歳で自然妊娠しましたが7週で不全流産。それからタイミング法、人工授精でも初期流産が続きました。41歳からは顕微授精に挑戦するも流産となり、最終的にはステップダウンして、夫と話し合い「もうクリニックに行くのをやめる」という決断をしたのが50歳を迎えた頃。同時期に不妊ピア・カウンセラーの認定を受け、「願いは叶わなかったけれど、やれるだけのことはやった」という気持ちで治療を卒業しました。治療終結の時期を何度も延長し、自分でも驚くほどの年齢まであきらめなかったのは、ただ赤ちゃんに会いたかったから。この思いは決して消えることはなく、私の大切な一部としてともに生きていく・・・・・・治療を終えて2年が経った今、切にそう思います。
    流産を経験した女性は、どこかで自分を責めていると感じます。私のせいで、あのとき〇〇しなければ、と。過去の私がそうでした。けれども、誰のせいでもなく、何をどうやっても避けられないことがあるのです。だからこそ、同じ悲しみを抱えた方へ、どうか自分を責めないでほしいと伝えたいです。(NPO法人Fine寄稿 https://j-fine.jp/)
  • 不妊治療は二人三脚、夫婦が同じ姿勢で取り組む

    結婚して4年以上が過ぎ、子どもができないまま、私は30代後半になっていました。あるとき、二人で話し合った結果「治療をするならすぐやろう」と決まり、妻が病院を調べ始めました。とにかく行動して、先に進もうとしている妻の姿を見て、自分も同じ姿勢でいようと思い、二人三脚で妊活することを決めました。不妊治療は、どうしても女性の身体への負担が大きいものです。とにかく妻に寄り添って、コミュニケーションをとりました。体外受精に向けたホルモン剤を自分で投与する日は「もうすぐ注射の時間だね」と声をかけ、常にいっしょに取り組むことを心がけました。治療開始から約1年半、治療が功を奏して子どもを授かることができ、あのとき妻と病院を受診して本当に良かったと思いました。

妊活Q&A

不妊・不育治療に関する疑問にお答えします

悩まず相談しよう

不妊・不育症に悩む夫婦は増加傾向にあります。不妊・不育症に関する悩みをお持ちの方は、1人で悩まないでご相談ください。

長野県不妊・不育専門相談センター
0263-35-1012 毎週火・木曜日 午前10時~午後4時、毎週土曜日 午後1時~午後4時