しあわせ信州

不育症の知識不妊症について

流産は、妊娠の10〜20%で起こる妊娠最大の合併症

不育症は、決して珍しいものではありません

不育症とは?

妊娠するけれど、2回以上の流産・死産、もしくは生後1週間以内に死亡する早期新生児死亡によって児が得られない場合をいいます。
流産や死産をおこしても半数は偶発的なもので、特別な治療を行わなくても次回の妊娠経過は良好なのですが、残りの半数に血液の凝固異常や夫婦の染色体異常、子宮の形態異常などが認められることがあります。

不育症とは、一つの病気ではなく、いくつかの症状を含めていわれる総称です。

流産とは、妊娠22週未満でおなかの赤ちゃんが亡くなってしまうことをいいます。妊娠22週以降に亡くなった場合を死産といいます。
妊娠12週未満の早い時期の流産が多く、赤ちゃんの染色体異常による場合がほとんどです。

どのくらいの頻度でなるの?

流産は、妊娠の10〜20%で起こる妊娠最大の合併症です。
女性の加齢とともに増加し、40歳代の流産は50%という報告もあります。
近年、妊娠・出産数が減少した一方で、妊娠する女性の高齢化により流産率は増加しています。
不育症は、決して珍しいものではありません。

どんなリスク因子があるの?

様々なリスク因子がありますが、主なものは以下のとおりです。
主なものは、血液凝固異常、子宮形態異常、内分泌異常、夫婦の染色体異常ですが、約60%はリスク因子がわからない状況です。
これらの因子があっても、100%流産するわけではありませんので、この因子を有していると流産するリスクが高いという意味で『リスク因子』と呼んでいます。

  1. 凝固異常 血液中の凝固因子(血液を固めて血を止める働き)に異常があると、血栓が作られやすくなり、流産や死産を繰り返すことがあります。
    凝固因子異常の疾患として、抗リン脂質抗体症候群、プロテインS欠乏症、プロテインC欠乏症などがあります。
  2. 子宮形態異常 子宮の形によっては、受精卵の着床の障害になったり、胎児や胎盤を圧迫して、流・早産になることがあります。
    異常に先天的なものと子宮粘膜下筋腫のように後天的なものがあります。
  3. 内分泌異常 甲状腺機能亢進、甲状腺機能低下、糖尿病などにかかっている場合、流産のリスクが高まります。
    妊娠前から妊娠中にかけて、良好な状態を保つことが重要になります。
  4. 夫婦の染色体異常 夫婦どちらかに均衡型転座(ある染色体がお互いに入れ替わっているが、遺伝子に過不足がない状態)などがあると、夫婦ともに健康ですが、卵や精子ができる際に、染色体に過不足が生じることがあり、流産の原因となります。
  5. その他 母体の高齢化は流産のリスクを高めます。加齢に伴い卵子も老化し、染色体異常などをおこしやすくなります。
    不育症は、原因やリスク因子がわからないことが多いです。

どんな検査をするの?

2回以上の流産・死産、早期新生児死亡を繰り返した場合には、不育症の検査を受けることが推奨されます。
検査には、血液検査や子宮の形を見るための超音波検査などがあります。

  1. 子宮形態の検査 子宮の形を見るために、子宮卵管造影検査(HSG)や超音波検査、MRI検査などがあります。
  2. 内分泌検査 血液検査で甲状腺機能や糖尿病などを検査します。
  3. 夫婦の染色体検査 血液検査で調べることができますが、検査を行うときには、専門的な遺伝カウンセリングを受けることが望ましいでしょう。
  4. 抗リン脂質抗体検査 血液検査で調べることができます。
  5. その他 流産した赤ちゃんの胎盤の一部を採取して、染色体の検査をすることもあります。

「流産を繰り返し、不育症が心配」と思うときは、不育症の検査について産婦人科の主治医に相談しましょう。

妊活Q&A

不妊・不育治療に関する疑問にお答えします

悩まず相談しよう

不妊・不育症に悩む夫婦は増加傾向にあります。不妊・不育症に関する悩みをお持ちの方は、1人で悩まないでご相談ください。

長野県不妊・不育専門相談センター
0263-35-1012 毎週火・木曜日 午前10時~午後4時、および毎月第3土曜日 午後1時~午後4時