しあわせ信州

不妊症の知識不妊症について

不妊治療を受ければ必ず妊娠できる?

不妊治療を受ける人が年々増えています

不妊とは?

子作りを頑張っている、避妊をしていないにもかかわらず、1年以上妊娠に至らない状態をいいます。
最近では、5.5組に1組の夫婦が不妊症の検査・治療を受けているというデータがあります。
資料:国立社会保障・人口問題研究所 2015年調査より

不妊の原因

不妊症の原因は女性、男性それぞれにあります。

妊娠に至るまでには、多くの過程と条件が必要になります。その中で、何らかの障害が起こっていると想定されます。
WHO(世界保健機関)が不妊症の7273組のカップルの調査を実施したところ、図のような結果が出ました。これを見ても、不妊症は男性に原因がある場合も多いことがわかります。

資料:WHOによる7273カップルの不妊症の原因調査より

不妊治療(体外受精・胚移植)における年齢別妊娠率と流産率

公益社団法人日本参加婦人科学会 ART妊娠率・生産率・流産率 2012より作成
  • 30代後半からあきらかに妊娠率は低下
  • 年齢とともに流産率が増加
加齢とともに妊娠率は低くなり、また同時に流産のリスクが高くなります。不妊治療をしても、妊娠・出産が必ずできるとは限りません。

出典:健やかな妊娠&出産サポートBOOK

妊活Q&A

不妊・不育治療に関する疑問にお答えします

悩まず相談しよう

不妊・不育症に悩む夫婦は増加傾向にあります。不妊・不育症に関する悩みをお持ちの方は、1人で悩まないでご相談ください。

長野県不妊・不育専門相談センター
0263-35-1012 毎週火・木曜日 午前10時~午後4時、および毎月第3土曜日 午後1時~午後4時